QandA

 
トップ > QandA
pb170034.jpg _dsc9251_20191121123043162.jpg _dsc9227_20191121123200654.jpg _dsc9315_20191121123129666.jpg _dsc9261_20191121123050063.jpg _dsc9253_20191121123055150.jpg _dsc9232_20191121123024311.jpg _dsc9297.jpg _dsc9285_20191121123106609.jpg _dsc9306_20191121123133741.jpg

Q and A

Q and A

 
受付関連

Q1.診察の順番まで時間的にどれくらいかかりますか?
 
 小児科と皮膚科という科の特性上、お一人の診療にかかる時間がまちまちです。そのため、時間予約ではなく、順番取りとさせていただいています。順番の確認は院内ならば、小児科、皮膚科の待合モニターに診察中の方の番号を表示しております。院外からは、WEB予約ホームページで確認できます。メールアドレス登録されている方には、受診順番が6人を切ったらお知らせメールを自動送信しております。
 おおよそですが、順番待ち人数に4から5分間をかけて待ち時間の計算をしていただければと思います。5人待ちで20から25分間待ちです。4番前には来院をお願いしております
 小児科は新型コロナウイルス対策でお一人ずつお呼びして感染対策入り口から入室していただいています。診察後の消毒もあり、通常の2倍の時間がかります。お一人10分程度を目安に考えていただければと思います。
 
現在小児科は感染対策で一時的に順番とり→時間帯予約へ変更しています
 
Q2.いったん受付したあとに診察まで時間があるので外出したいのですが?
 
 受付までお声をおかけください。外出中の青い札をお渡しします。院内にお戻りになられたときにお返しください。帰院されて事が確認した後に各科にカルテをまわします。帰院が確認できなければ、診察のお呼び出しができないので、長時間お待たせする可能性があります。
 
Q3.終了時間がきてもまだ順番がまわってきません。終了時間をすぎてからの来院でよいですか?
 
 病状によって順番が前後することがあるので、順番表示が来てなくても診療が終わりに近づき、お呼びすることがあります。終了時間が来たとき院内におられないとキャンセルされたと判断することがあります。午前は12時30分、午後は18時には順番がまだでも院内でお待ちいただければ幸いです。
 
Q4.火曜日か土曜日の午後に一般皮膚科の受診をしたいのですが。
 
 申し訳ありません。火曜日と土曜日の午後は、美容外来を行っております。完全予約制です。午前中か月曜日、水曜日、金曜日の午後の外来の受診をお願いいたします。
 
Q5.アレルギー検査は小児科、皮膚科どちらを受診したらよいですか?
 
 皮膚症状がある場合は皮膚科で、それ以外の場合は小児科でアレルギー検査ができます。外部の検査会社を利用するので、血液の回収時間があります。午前中ならいつでも、午後なら順番取りをしていただいて16時30分までには来院をお願いいたします。
 現在小児科のアレルギー検査は火曜日と土曜日の午後予約制でしております。
 お子様の場合、針刺しの痛みを軽減できる麻酔テープがあります。ご希望があれば、事前にご相談ください。
 
Q6.受診したいのですが、交通のアクセスは?
 
 基本的に自家用車での来院を考えて、駐車場をクリニックに隣接して16台、道路を隔てて10台確保しております。
バス停はゆめタウンに面した通りにありますが徒歩5分かかります。下松駅からは徒歩7分です。他に駐輪場を用意しています。障碍者用の駐車スペースを2台分確保しています。タクシーのご利用の場合は受付に申し出ていただければタクシー会社へ連絡いたします。
 
Q7.予約はどうしたらよいでしょうか?
 
 一般外来(小児科、皮膚科)は当日の順番取りとなっております。予防接種は完全予約制です。受付で職員が予約をお取りします。2か月先までは取れます。また、WEB予約ホームページで外部から予約が取れます。健診は予約時に注意事項があるので、現在電話予約のみとなっています。美容外来は一部WEBから予約がとれます。乳幼児の予防接種は種類が多く、同時接種いたしますので、接種の種類をご相談の上予約していただいたほうが良いと思います。
 
Q8.初めての予防接種は何を予約すればよいですか?
 
 生後2か月になったら早めに接種開始しましょう。公費負担で無料のヒブ、肺炎球菌、B型肝炎ワクチンと有料になりますがロタウイルスワクチンの4つで始めるのを推奨しています。生後3か月過ぎで初めての場合は4種混合が加わるのでヒブ、肺炎球菌、4種混合ワクチンを接種して、1週間後にB型肝炎ワクチンとロタウイルスワクチンを接種いたします。
 
 

小児科関連

Q9.風邪症状(咳、鼻水)があれば予防接種は延期ですか?
 
 基本的に症状が落ち着いて1週間後の接種予約になります。ただし38度以上の発熱の場合は2週間あけてください。
 
Q10.発熱で受診しました。高熱が続き心配です。当日再診は必要ですか?
 
 基本的には午前中診察を受けられた場合、翌日までは経過観察してもよいと思います。インフルエンザ迅速検査で午後受診していただく場合もあります。医師の判断で再診していただく場合もあります。
 
Q11.吐き気止めや解熱剤の座薬を入れて排便しました。再度入れたほうがよいですか?
 
 便の中に溶けきっていない座薬が確認できたら時間をそれほどあけずに再度同じ量を入れていただいて結構です。溶けて形がわからない場合は再度入れるのは5時間は待ちましょう。
 
Q12.薬を飲んで直後に吐いてしましました。再度内服させたほうがよいですか?
 
 内服して15分以内なら、腸まで到達していない可能性があります。再度吐き気が落ちついてから内服をしましょう。
 

新型コロナウイルス感染対策関連 
Q13.コロナウイルスはどのようなウイルスですか?
 
 発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることがわかっています。中東呼吸症候群(MERS)や重症急性呼吸症候群(SARS)も含まれます。
 
Q14.潜伏期間はどれくらいですか?
 
 最大14日ぐらいで、5日前後で発症する方が多いようです。
 
Q15.予防法はありますか?
 
 一般的な衛生対策として、咳エチケット(マスク)、手洗い、手指消毒が必要です。人込みを避ける、狭い空間を避ける、人と接近しておしゃべりなどしないことです。いわゆる3密を避けてください。
 
Q16.診断する方法は?
 
 現在のところ、鼻の奥やのどの奥から綿棒で検体をとって、PCR法という検査をおこなって確定診断ができます。
最近になって30分程度で感染がわかる抗原検査が出てきました。過去の感染がわかる抗体検査も実施されています。
 ただし、検査は指定医療機関の特別な外来でしかできません。一般の診療所ではできないので、疑わしい症状があるときは、各地区の保健所へ連絡し、予約受診の手続きが必要です。
 周南地区では周南環境保健所(0834-33-6423)へ連絡しましょう。
 
Q17.疑わしい症状とは?
 
 7月16日現在のところ、周南地区では、感染が広がっている地域へ、2週間以内に旅行、または出張された方、感染が疑われる方と接触した方で、発熱、咳、鼻水などがある人は検査の対象になると思われます。
 小児では、国の基準である咳、鼻水、発熱がある方で全身倦怠感、呼吸困難がある方も、かかりつけ医の受診を勧められ、すぐには検査は受けれないようです。
 入院が必要な、ウイルス性肺炎の診断がつけば検査の対象になるかもしれません。当院で疑わしい症状であれば、診断のできる大きな病院へ紹介をいたします。
 
Q18.発熱、咳、鼻水などあればどうすればよいのでしょうか?
 
 まずは当院で診察を行います。
 できるだけWEB受付をご利用ください。WEB問診を入力していただけると診察がスムーズです。
 自宅で待機していただいて、診察前(来院前)に当院小児科医が電話でお話をお聞きします。軽症であれば、お薬処方のみの対応も可能です。
 対面診察が必要な時は、来院後車で待機していてください。他の患者様と接触しないように、お一人ずつ診察室へお呼びします。お一人の診療が終了したら必ず室内の消毒を行います。安心して診察を受けれます。
 通常よりは面倒でお時間がかかりますが、お互いの安全安心のためにご理解ください。
 
Q19.皮膚科を受診したいのですが、咳や鼻水があります、受診できますか? 
 
  皮膚科は受付、一般待合、皮膚科診療室が感染の疑い(咳や鼻水、発熱がある方)は入室できないようにしております。清潔区域と考えてください。緊急でない場合は、症状が治癒してから皮膚科受診をお願い申し上げます。
 小児の方は、小児科で咳や鼻水とともに対応ができる場合があります。
 
Q20.他の方と接触を避けるために薬処方のをみお願いしたいのですが、できますか?
 
 慢性疾患で受診をされている方や、一度受診をして、症状が軽快しつつある場合などはお薬処方のみの対応が可能です。WEB受付問診に薬処方のみ希望を入力していただけば対応いたします。電話でのお問い合わせでも対応いたします。
 新しい症状や症状が悪化しているという場合は対面診察が必要です。
 2回目の受診などでは、オンライン診療も選択できます。
 
Q21.他の方と接触を避けるために予防接種、健診を延期してもよいですか?
 
 予防接種を延期すると、ほかの病気にかかるリスクが増えます。延期はお勧めしません。
 当院は感染の方の診察場所と予防接種、健診の実施場所を、現在、分離しています。小児科ではなく皮膚科処置室で行っています。また、クリーンタイムと言って、感染の方が受診しない時間帯(14時から16時)に行っています。安心して受診できます。
 
Q22.小児科に、感染症ではなく便秘やアレルギーの相談をしたいのですが、他の感染症の患者さんと接触しますか?
 
 感染が全く疑われない場合は、火曜日と土曜日の午後に非感染の方専用の診察時間を設けています。(15時30分から17時)現在のところお電話で予約を承ります。他の感染の方と接触しないようにいたします。安心して受診していただけます。
 周囲の感染が落ち着いている場合には、通常の時間でも対応を考えています。感染対応の診察室と非感染対応の診察室は場所を変えております。
 
Q23.皮膚科受診をしたいのですが、感染のリスクが怖いです。
 
 当院は入室時に咳、鼻水、発熱などの症状があるかどうかスタッフが問診をおこなっています。症状がある方は入室できません。体温測定も行います。感染の兆候がない方のみ入室ができます。
 入室も車の中で待機していただいて、診察の順番が来てからお一人ずつお呼びしています。感染のリスクを最低限にしております。
 ご希望があれば、お薬処方のみの対応や電話相談後のお薬処方、車へのお薬の薬局からの配達など他の方と接触しないようにする対応を実施しています。ご希望の受付への申し出をお願いいたします。
 
 
 
 

クリニック写真

PHOTOS

img20191115203022648845.jpgクリニックの外観 pb170020.jpgクリニックの入り口 pb170024.jpg受付 pb170014.jpg小児科の待合 pb170018.jpg皮膚科の待合 pb170025.jpgベビーベットとおしぼりサービス pb170011.jpgキッズコーナー pb170010.jpgキッズコーナー pb170005.jpg女子、子供用トイレ tyuurinnjyou.jpg駐輪場 moluhoumen.jpgゆめタウン方面へ ekihoumenn.jpg駅方面へ pb170031.jpgイングリッシュガーデン pb170032.jpgイングリッシュガーデン pb170034.jpgイングリッシュガーデン